任意整理にかかる費用

借金問題を抱えている人の中には返済がスムーズに進まず借金がどんどん増えてしまっていると言う状況にある方もいるかもしれません。

借金地獄に陥る人の多くはそこまで最初は借金が多くない状態から始まり、そこから借金がどんどん増えてしまうことによっていつの間にか返済することが困難な状態になってしまうことが多くあります。

借金問題に対しては債務整理による借金整理が有効な方法として知られており、その中でも任意整理による債務整理は負担が少ないことやペナルティが少ないことから最初に検討されることが多い借金整理になります。

任意整理は裁判もないので借金整理にかかる金銭的な負担についても少ないのが特徴になっており、法律事務所によっては数万円で対応してもらうことができることや分割払いなどにも対応してもらうことができます。

任意整理は借金を根本的に無くすというものではなく、あくまでも借金完済をすることが目的になっている借金整理の方法になります。

したがって安定した収入を得ていることなどが利用における条件となってくるので、費用のことだけを考えるのではなく任意整理を行うことができるかどうかについてもあらかじめ調べておくようにしましょう。

任意整理費用ランキング

過払い金請求の仕組み

任意整理をすることによって借金問題の解決を図ることが可能ですが、任意整理には過払い金の請求も含まれているので、場合によっては過払い金の請求をして戻ってきたお金を任意整理の費用に充てることができることもあります。

過払い金請求というのは過去に金融機関からお金を借りたことがあって返済をしている場合や既に完済している場合に払い過ぎた利息を取り戻すことができるもので、今でこそ金利は利息制限法によって制限されているものの一昔前はグレーゾーン金利がありました。

このグレーゾーン金利というのは法律によって貸し付けが禁止されているものの、具体的な罰則がない部分の金利であり、大手の消費者金融などもグレーゾーンで普通にお金の貸し付けをしていました。

利息制限法が改正されてからは過払い金が発生している可能性は小さくなっています。

それよりも前に借り入れをしている場合は払い過ぎたお金が発生している可能性があるので過払い金の請求の対象となります。

この場合は無料相談などをして実際に過払い金がある可能性を教えてもらうことができますが、相談方法についてもいろいろあるので相談の流れをきちんと理解するということも必要なことの一つだと言えます。

借金のトラブルとブラックリスト

任意整理は借金整理をするための方法で他の債務整理と違って借金の返済リズムを見直すことや過払い金を取り戻して借金問題を解決していくことが前提となっているので、裁判などもなく任意整理にかかる費用についても相対的に安くなっています。

一方で借金そのものを削除することができるわけではないので借金問題として残り続けてしまう可能性があるというのも注意する必要があり、任意整理をした後にはブラックリストに名前が残ることになるので新たに借り入れをすることがむずかしくなります。

ブラックリストは各金融機関によって情報が共有されてしまうことになるので新たにお金の借り入れをすることがむずかしく、クレジットカードの利用をすることなどもできなくなります。
そのためお金の借り入れが新たに必要になった人の中には正攻法でお金の借り入れをすることができないので闇金のような違法業者から借り入れてしまう人がいてさらに深刻な借金地獄になることがあります。

任意整理をすることができた後は借金に対してきちんと向き合うことが大切であり、これまでと同じような状況になってしまうことがないようにするためにもお金のあり方について今一度任意整理を通して考えることも大事です。